金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

安定して投資を続けるには

株式もろもろ、やや急激な調整局面を迎えて、
いかがお過ごしでしょうか。

常に準備といいますか、
安定して投資を続ける仕掛けが必要ですね。

今回くらいの暴落?やちょっとやそっとでは眉一つ
動かさずにじっくり待てる体制を作っておくことは、
長期投資で儲け続けていくための必要条件なのでは
ないかと思います。
(必要であって、十分条件じゃないと思いますが・・)


株式投資をしながら会社勤めをしていた人が、
勤めてるときは平気で勝っていたのに、会社をやめて
現金収入がなくなったとたん、投資が全然うまく
いかなくなったりします。

つまり会社勤めの、給与所得という心の安定を保つ
バランサーがあってはじめて、冷静な気持ちで状況に
対処でき、成果を残すことが出来たというわけです。


バランサーの仕掛けの種類にはいくつかあると
思います。例えば

①株式投資以外に、(安定した)収入源が確保できている
 (収益不動産や実業ビジネス、会社勤め)
②フルポジでなく厚めのキャッシュポジションを
 常に確保している
③保有株式の配当金だけで暮らせるくらいになってるので、
 少々暴落しても構わない
④適度な分散投資をしていること

等々。

どういう組合せがいいのかは、その人の資産クラス、
勤めてるか否か、年齢、性格、経験等々によるので
一概にはいえないと思います。

キャッシュポジションは何%くらいが適正ですか?
という議論がよくありますが、上記の条件が
人それぞれであり、ナンセンスじゃないかと思います。

 例)安定収益源が株以外にあるので、キャッシュポジション
   がゼロでも、まったくビクともしない人もいれば
   何もないので、また性格も弱気なので
   キャッシュポジションが50%ないといけない人もいる。


ただ、今回の調整局面程度でオロオロしてしまうようなら、
ポジションを積みすぎている可能性が高い(総合的な判断が
オロオロしてしまうという心理状態に現れている)ので、
いずれかの回復局面で、ポジションを落として、
キャッシュポジションを増やしておく必要があると思います。


みすみす安値で「金のなる木」を手放さなければいけない
状況に陥らないように、常に安全運転、余裕を持って
運用を進めていきたいものです。

長期投資というのは、そういう仕掛けも含めてトータルで
考える必要があると思うのです。

・・・・

昨日は米国株式市場で誤発注があったのではないか?と
いうことで、P&Gが一時4割下落(終値では2%程度の下落)が
あったということですね。

夜間起きて相場監視しているわけでもなく指値をしていた
わけでもないので、買えませんでした。誠に残念です。
P&G、買いたかった・・
(常に口座にはドルでキャッシュ入れておかなければ
いけないですね・・ドルの形であまり持ちたくない
のですけども)

4割引きで買えた人は大ラッキーですね。
(2割引でも十分ですけど・・)
[ 2010/05/08 16:22 ] 随筆 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク