金のなる木を投資で増やそう配当株投資 ≫ 「良い投資対象」とは何か?

「良い投資対象」とは何か?

前週の記事において、「良い投資対象」を見極める目、
それを握り続ける心臓の強さを持つと書いたわけなんですが

スポンサーリンク

では、それをしようと思う場合に、まずは
「良い投資対象」とはどういったものか、が自分の中で
定義できていないと、個別の銘柄・投資対象を
見極めることはできないと思います。

何を狙った投資をするか、その投資対象の種類や
投資手法によって、「何が良いか」は変わってくるとは
思いますが、

例えば、

成長株投資:今後、中長期的に見て成長が
継続すると思われる(確信できる)会社。
(安定的に成長していける素地(外部環境やビジネスの質)が
 あることも重要。いっときの社会的テーマや新商品に賭ける
 のは危険)

配当株投資:今後も安定して配当が減配せず
継続するあるいは増配すると思われる(確信できる)会社。
(経営の安定性がまずは大事。その中でもじわりじわりと
 成長できそうであればなおベター)

インデックス投資:今後も、中長期的に見て
成長していくと思われる(確信できる)市場の
インデックスを買う。
(例:米国市場や、全世界株式。
中国は怖くて持てない)

不動産投資:今後も、価値が目減りしない
不動産。
(例:駅前立地。)moneytree7は不動産
やりませんが買うなら駅前の土地の不動産しか
買わないと思います。

ということになろうかと思っています。

moneytree7は、大体、上記のような
価値観を持ち、その上で投資先対象の個別を
判断しています。

いずれにしても、ビジネスや価値の堅牢性、
というのは一定程度大切
にしています。

ここに確信が持てないと、株価・評価値の下落時に
「握り続ける」ことができなくなり損失を出すことに
繋がります。

「投資を難しくしない」ために、このあたりは
考えに入れておく必要があると思います。

↓当記事が良かった方、応援クリック宜しくお願いします。
ランキング参加中。応援クリックよろしくお願いします!

関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

カウンター

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦21年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、
50歳を超えた現在は米国株・日本株の高配当・増配株投資に比重を置いております。
(成長株投資も継続中)
※所謂「億り人」は達成済み。

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

ブログランキング

↓ランキング参加中
↓応援click宜しくお願いします! にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

スポンサーリンク

カテゴリー

書籍検索

スポンサーリンク