金のなる木を投資で増やそう配当株投資 ≫ 配当株投資の銘柄選定の基準

配当株投資の銘柄選定の基準

配当株投資においては成長株投資とは銘柄選定の基準が異なります。

多くの配当株投資ブロガーの人が書かれていることと
変わりませんが、

スポンサーリンク


(A)配当が今後も末永く維持される、ないし、増配されると思われる銘柄

に投資し保有する、ということになるかと思います。

※ここに自信がないと、〇〇ショックなどのときに、精神的に耐えられず
 平然と過ごしたり買い増しができなかったりするでしょう。
 (それでは心の安定に繋がらない)

上記の(A)を満たすためには、以下のような条件の銘柄を
選定することだと思います。

①安定したキャッシュフローを稼いでいる実績がある(できるだけ長期に
 わたる実績が望ましい)
②上記①を支えるだけのビジネスモデルおよび、ビジネス環境である(ことが
 今後も続くと想定される)
③過去の長期的な配当の実績(減配がない/長期にわたり増配継続してきている
 (例:米国株配当貴族銘柄)
④累進配当政策などを掲げており、株主還元において配当を維持することに
 積極的な姿勢

上記の4点くらいを確認し、「大丈夫そうだな」と思える会社を
選定するのがよい。

企業には、大きく分けると2種類あり、
A)景気に左右されない、ディフェンシブ銘柄
B)景気サイクルで業績がサイクリックに良くなる/悪くなる銘柄(シクリカル株)

A)→安定配当が継続しやすい
B)→配当が業績に応じて減らされたりする可能性がある

なのでA)に属するものは、その時点である程度候補に挙がりますが
B)に属するものは、過去の配当実績をズラリ並べてみて、例えば
リーマンショック後に配当が減配されていないか?などを確認する必要があります。
(あとは、企業のIRなどで、「安定配当」「累進配当」などを宣言して
 配当を減らさないことを重視する姿勢があるかどうかなども見る)

このあたりを確認・判断しながら、保有する銘柄を決めていけば、
そんなに難しくはないと思います。

また、1銘柄・1業種に偏るのではなく、広く分散投資に努めると
より安定してくると思います。

ランキング参加中。応援クリックよろしくお願いします!←応援クリック宜しくお願いします!

*あわせて読みたい
上記の具体的な調べ方・確認方法シリーズ連載中。
①安定したキャッシュフローを稼いでいる実績がある
  →「安定安定的にキャッシュフローを稼いでいるかの確認方法
②上記①を支えるだけのビジネスモデルおよび、ビジネス環境である
  →「キャッシュフローを支えるビジネスモデルか?確認の方法
  →「
キャッシュフローを支えるビジネスか?2
  →「
キャッシュフローを支えるビジネスか?3
  →「
キャッシュフローを支えるビジネスか?4
  →「
キャッシュフローを支えるビジネスか?5
③過去の長期的な配当の実績(減配がない/長期にわたり増配継続してきている
  →「
過去の配当実績の確認方法。
④累進配当政策などを掲げており、株主還元において配当を維持することに積極的な姿勢
  →「
配当政策の確認の方法

A)景気に左右されない株・B)景気敏感株
景気安定株/景気敏感株の見分け方。

調べていく順番について
銘柄選び 頭の整理。

関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

カウンター

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦21年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、
50歳を超えた現在は米国株・日本株の高配当・増配株投資に比重を置いております。
(成長株投資も継続中)
※所謂「億り人」は達成済み。

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

ブログランキング

↓ランキング参加中
↓応援click宜しくお願いします! にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

スポンサーリンク

カテゴリー

書籍検索

スポンサーリンク