金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

コカコーラ(KO.NY)

ご存知の飲料企業。

バフェットお気に入り銘柄の一つであることは有名。

企業の説明は不要。
ということで早速バフェット分析。

コカコーラ.PNG


やはりこれもさすがという感じ。

非常に高いROEであり(28.43%)、
現株価での利回りも高い。
(擬似債券として15.14%、EPS成長率で9.63%)

毎年ジワジワとEPS(一株純利益)が成長しており、
増配も毎年行っている。
表示はしていないが、毎年自社株買いも積極的に
行っている。

粗利益率が非常に高いことと、R&D費・減価償却費がほとんど
かかっていないことから、大変に効率のよいビジネスであることが
わかる。
(R&D費は、財務諸表に明示されていないので、経費から
SGA費と減価償却費を差し引いて計算したら、マイナスの
年が出てしまった・・無視してください。とにかく少ないことは確か)

上記の特徴から、バフェット銘柄の決定版といって
いいのではないだろうか。(まあ、そりゃそうだ(^^;)

じゃあ今から買えるのか、というと、今の株価でも
十分利回りが高いわけだから、買えると判断できると思う。


金のなる木とはこういうものをいうのだろうと思います。
つまり持ってるだけで、配当だけでも5年の間に1.5倍に
なってるわけだから、投資初年度(株を買った年)の配当利回りが

3%であっても、5年持ってたら、勝手に配当利回りが
買値に対して4.5%になるというわけです。
(もちろんその間に、内部留保利益分を反映して
株式の価値は買った時点より上がっている。
擬似債券利回りは15.14%だから、年率それくらいの
スピードで株式の価値が上がることが期待できる。)


へたな株式投資で、あれこれいじくって資産を
減らしたり眠れぬ夜を過ごすくらいなら、こういった
企業の株式を買ってじっと持っておく、そして普段は

株価なんか見ずにビジネスにいそしむもよし、旅行や趣味に
時間を費やすもよしといったようなほうが、よっぽど
有意義な人生が送れるのではなかろうか、と思います。(最近は特に)
(株式投資としては、つまらないかもしれませんが。
株式投資に何を求めるのか?次第ですね。)


先のことは読めないかもしれないが、
強いブランド力があり(消費者独占型企業)
消費市場として爆発的に成長を続ける新興国においても
同じように皆飲むでしょうから、今後もしばらく
死角はないように思われるがどうか。
[ 2010/05/02 09:05 ] 株式投資 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク