金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

ロバート・アレンの実践!億万長者入門



このブログのタイトル「金のなる木」は、この本の中のストーリーから由来しています。

氏は、インフレによって少しずつ資産の価値が下がっていくことを「我々は下向きのエスカレータに乗っているようなものだ(立ち止まっていると、どんどん下に落ちていってしまう)」と例えて、働くだけでなく、今すぐにでも投資を始めようと主張しています。また複利のパワーを考えると、一日でも早く始めることが大切、と言っています。
全くそのとおりです。まだ投資を始めていない人にはぜひ読んでほしい本です。人生を変える一冊になるかもしれません。

ロバートキヨサキ著「金持ち父さん、貧乏父さん」と並んで、投資哲学の決定版。
(金持ち父さんシリーズは基本が不動産投資ですが、この本は株式・不動産・ネットワークビジネスと多肢にわたり、具体的な方法まで伝えようとしています。本の邦題ならびにカバーが良くないので怪しい本のように思いますが、内容読むとびっくりしますよ!)
<ジャンル:投資哲学>
[ 2001/01/02 16:35 ] オススメ書籍 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク