金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

東江環保(8230.HK)

廃棄物処理、リサイクルの中堅・大手。(売上規模は約120億円程度)
事業内容は、本拠地の深圳を中心に、昆山(上海近郊)、恵州などに
施設を有し、以下のとおり。

リサイクル品精錬及び販売(54.9%)
廃棄物処理サービスの提供(24.6%)
環境システムの構築およびサービス(15.9%)
再利用エネルギー(2.4%)
化学品取引(2.2%)
(比率は売上高比率)

サブプライム危機により、広東省・深圳地区は大きな経済的
ダメージを受けた(輸出産業が集積)その煽りを食って
一旦は業績が悪くなったが、最近はまた持ち直してきている。

バフェット分析の結果は以下のとおり。

東江環保.PNG

順調に業績は伸ばしてきていたが、2007をトップに
2008は大幅減益、2009は盛り返したもののまだ
2007にEPSで届かず。

ただ、売上は順調に伸ばしてきており、今後も安定した
成長は見込めるのではないかと思われる。

ROEは27.32%と文句なく高い。

現在株価5.37HKドルにての、擬似債券利回りは25.21%、
EPS伸びによる利回りは19.49%に達する。

今の株価にて買っても、十分報われそうな数字である。

内部留保利益によるROEも17.18%となっており
そこそこよい経営ができていると思われる。


この会社は売上中、リサイクル品(銅やニッケル)の
比率が高いので、どうしても商品市況に業績が左右される面が
あるが、環境保全については政府からの需要も強いし
今後もその状況は長く続くと思われるので、まだまだ
成長していけるのではないかと思われる。

消費者独占企業か、コモディティ型かという観点では、
廃棄物処理などは地域に入り込むと独占といってよいでしょうから
消費者独占型企業といえるのではないか。
[ 2010/04/18 08:15 ] 株式投資 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク