金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

含み損益は気にしない

安定的に成長しており、今後も成長が見込める銘柄を、
高くない値段で買ったら、途中で含み損や含み益がでていても
あまり気にしないようにする。
(含み益は気持ちよく、含み損は気持ちのいいものではないが。。)

あくまでも最終的にいくらで売れるかが問題なのであって、
途中状態は気にしない。

どれだけ含み損があっても、最後に、買った値段よりも1円でも高く売れれば
良いわけである。

ただ、これを言い訳に、見込みのない株を持ち続けるのはいけないが、
業績が上向いていることが確認できていたらとにかく
あまり気にしないことだ。

必ず、買値より高値で売れるときは来る。

また、逆に含み益が出ているとき、含み益が大きいという理由で売る、
というロジックも、結局相場に踊らされる結果になりやすい。

株を売るときとは、あくまで、保有の理由がなくなったときである。
(次回に続く)
[ 2014/12/20 09:03 ] 随筆 | TB(0) | Comment(4)
そうなんですよね
そうなんですよね〜と読ませていただきました。

保有理由がなくなるとき、それは成長性がなくなるときです。

あとはあり得なく割高になったときですが、そんな時は含み益も積み上がってますね。

売り時って難しいですね。
[ 2014/12/20 10:55 ] [ 編集 ]
Re: そうなんですよね
けんさん

コメントありがとうございます。
売り時は、難しいですよね。
今日、記事にしましたが、やはり明確な「こう」というのはないな、というのが
今のところです。
[ 2014/12/23 10:59 ] [ 編集 ]
はじめまして
売り時って難しいですよね。

最近持ち株が急騰急落して、売り時について考えていました。

私は「投機」じゃなく「投資」をしているのだから、業績には関係のない株価の波は無視しようと決めているのですが、それでも苦しかったです。

主さんの言われている通り、どんなスタイルにも通用する「こう」というのはないからこそ、それぞれの投資スタンスに応じた「こう」をみつけていかないといけないな、と強く感じます。
[ 2014/12/27 08:47 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして
THさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね~。

そうした悩みに対して、moneytree7が取っている考え方・方法を
本日、記事に書いてみました。
これくらいの見切りがないと、身が持ちません^^
[ 2014/12/27 13:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク