金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

"よい"銘柄の見分け方。

投資している先が"よい"銘柄ならば、株価が下げていようとも
気にする必要はなく、かえって買い増しを考える。

ガラクタならば投げる、という必要があるが、

"よい銘柄"が何かということがわからなければ、
そもそも、その判断がつかない。

"よい"銘柄は、突き詰めて言うと、いくらの株価で買っていても
(それが直近の高値であっても)、ずっと持ち待ち続けていれば
いずれは買値を上回ってくる銘柄であり、

つまりは業績が安定的に一定のペースで3年・5年と伸び続けて
いかなければならない。

という観点から、最低限、以下の条件は満たしていなければならない。

1)過去5年・10年の業績が安定しており、少しずつでも伸び続けている
2)景気に左右されない、生活必需な品・サービスを提供する業種
3)今後も伸び続けていく余地がある業種
4)政策や為替等の他の要因が少なく、状況を自社でコントロールできる業種

このようなフィルターにかけた上で、絞りに絞り込んで、
ようやく投資してもよいかなということになっていく。

なお、チェックとして
5)その会社の製品・サービスを投資家自身で頻繁に利用しており、
  その品質や必要性、人気度合い(使い勝手が良くなった、悪くなった等々)、
  がすぐに、また自分の肌感覚で確認できるものがよい。


例えば、という話をすると、

最近は、moneytree7の投資比率としては、アマゾン・グーグルに代表されるような
ネットサービスの会社に比重が大きくなっている。

これらの業種は、比較的、上記の1)~4)の条件を満たしている。また
5)についても満たしている。

現代社会において、ネットサービスは生活必需になってきており、
今後も伸び余地が大きいこと、政策や為替の影響も比較的少なく
(なんといっても、仕入れがいらない)、
状況を自社でコントロールできる。

自分でもそのサービスを日常から頻繁に利用している。

過去の実績としてもそろそろ、1)の点も満たしてきている、というところだ。

これらのことから、とても"よい"投資先だと、考えている。


上記は単なる一例であり、
ファーストリテイリングや、ユニ・チャーム、米国コカコーラなども
上記のような条件を満たしている、ということを確認してみるとよい。

現在の持ち銘柄が、上記を満たし続けているのか、たまに
チェックするとよい。
[ 2013/12/23 09:03 ] 随筆 | TB(0) | Comment(4)
よい銘柄
「配当利回りのよい銘柄」は、どうでっしゃろ。
[ 2013/12/27 20:19 ] [ 編集 ]
Re: よい銘柄
ロジャース7さん

コメントありがとうございます。

配当が増えていく(少なくとも減らない)、ならよいのではないでしょうか。

EPSが配当の源泉なので、結局業績が伸びていくことが
必要となってくると思います。
[ 2013/12/29 09:49 ] [ 編集 ]
はじめまして
いいブログを見つけました
投資基準が明確で素晴らしいです
早速ブックマークさせていただきました
過去記事もいろいろ読ませていただきます
[ 2013/12/31 15:54 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして
消費しないピノキオさま

はじめまして。
あけましておめでとうございます。

コメント&ブックマークありがとうござます。

今までご挨拶もしないで申し訳ありません、
消費しないピノキオさんのブログもちょくちょく
覗かしていただいています。
独特の視点でなるほどと、読ませていただいております。

投資には、一定の尺度・基準が必要ですね。
自分自身の直感とかあんまり当てになりませんし

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2014/01/02 10:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク