金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

2010年 世界経済のイメージ

ブログ方針に「見通しは書かない」と書いたばかりですが(笑)
正月の酔狂ということで、、。
今漠然と思っているイメージです。


・中国 ⇒引き続き経済発展。国民の所得は伸び続ける。
     元はドルに対し切り上げがある。(?)
     国際的な発言力はさらに増す。

・アジア⇒引き続き経済発展しそうだが、微妙。腰折れも?
     (行き過ぎたインフレ発生等?)

・米国 ⇒引き続き低空飛行。金利はなかなか上がらない。
     ドルはゆるやかに下落傾向。ドルキャリートレード。
     ドル安になり、グローバル企業の株価がNY株価を
     押し上げる。不況下の株高。

・日本 ⇒やや円安になり、輸出産業が若干持ち直す。
     民主党が辛くも参院選にも勝利し、経済政策運営は
     引き続き迷走する。国の借金は膨れ上がり続ける。
     国内は引き続きデフレ傾向。

・全体 ⇒ややインフレ気味になる。日本・米国だけデフレ。
     インフレを受けて各国通貨は利上げモードに入り始める。
     金利差が拡大して、円は、若干の円安傾向になる。

     ドルペッグする通貨の金利はドル連動で上げられないので
     (もし金利差が生じればキャリートレードの標的)
     その通貨国ではインフレやバブルが懸念される。ないし
     通貨の切り上げを余儀なくされる。

・ユーロ⇒さっぱり想像できない。複雑すぎる。
     可もなく不可もなく。

・資源国⇒安泰。さらに発展する。

・ゴールド⇒目だった上昇も、下落もしない。

・原油 ⇒目だった上昇も、下落もしない。

・気候変動⇒引き続き、異常気象気味。


はてさて、どうなりますか。

投資姿勢としては、上記のようになってもならなくても、
大丈夫な体勢となるように考えていきたいと思います。
[ 2010/01/02 21:11 ] その他 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク