金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

2012年 世界経済のイメージ

あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとっていい年になりますよう祈っております。

2012年は、各地で大統領選等々もあり、また情報革命のさなか
世界の1箇所で起こった出来事が連鎖的に世界に波及する傾向が
年々強まっており、先行きの見通しは大変に難しいものに
なっています。

とはいえ、正月の酔狂ということで、今年も今年一年の
世界経済イメージを書いてみます。

■中国

大きな動きはない。
株式市場は、上がらない。しかしここから崩壊するほど
下がることもない。
中国元は、ヒタヒタと対ドルレートで上がり続ける。

■米国

大統領選はオバマが負け、共和党政権に。
経済回復進む。株式市場は回復基調となり、上がる。
ドルは弱いままとなるが、ここから暴落的に下がることはない。
ユーロ下落の受け皿となり、対ユーロでは上がる。

■日本

企業の海外志向強まる。国内の空洞化も進む。
民主党政権が続くが、円高傾向に対し、有効な円安誘導策を
打てないため、本社を海外に移す大手企業も出てくる。
消費税増税が決まり、円高傾向がさらに強まる。
(ただしドルも若干戻すため、対ドルでは大きく上がるわけでない)

株式市況は全体としては円高継続のため、上がらない。
ただし優良な企業は、業績をのばし、株価が徐々に上がる。

■欧州

何度もソブリンショックが訪れるが、崩壊的危機にはならない。
ユーロは下落を続ける。だがユーロ撤退する国は出てこない。
ドイツの発言権がさらに強まる。

■アジア

経済は堅調を維持する。

■オセアニア

オーストラリア経済は、好調を維持する。
ただ、中国で変事が起こると暗転する。
(が、その場合も暴落し続けることはない。)

■資源・エネルギー

世界的な景気悪化のため、価格暴騰は起こらない。

■全般

世界のフラット化が進む。その進行に伴い、食料問題が
浮上してくる一年となる。


さて、今年の年末になってみて、どれくらい
当たっているでしょうか。楽しみです。
[ 2012/01/02 10:52 ] 随筆 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク