金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

下げたら不安になるような株は買わない

よいものだけを買っていかなければ資産は増えていかないが、

よいものとは、株価がもし下がっても、買い増ししこそすれ
底値で投げるような心理状態にならないような株を言う。

株価が下がったら怖くなって投げてしまうような、
しょうもない株は一切買わないようにする、ということである。

じゃあそういう株とはどういうものなのかということだが
それは各自、自分だったらどういう株なら耐えられるか、と
考えたらいいことだと思う。

moneytree7が考えるガイドラインは何度もこのブログに
書いてきているが、自分で信じられるものなら構わないと思う。

それを決められないうちは、株を買っても
損失で終わる可能性が高い。

中途半端な状態で株を買い暴落にあえば、必ず底値で
投げることになるから。

持っている株がよいものであるならば、暴落時点では
株価が激安になっているのだから、買いにまわれる
はずである。
[ 2011/10/29 16:34 ] 随筆 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク