金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

山東威高(ウェイガオ)(8199.HK)

使い捨て医療器具(注射器やカテーテル)、人口骨などの
医療器具メーカー。
米国メドトロニック社と資本提携。

株価は高いと常に言われながらも順調に業績を伸ばして
おり、株価推移も堅調に伸びてきています。

Q先生にお聞きするといつも「注射器の会社はいいよ~」と
返事が返ってきます。

昨年、Q先生の投資考察団で、企業視察に連れて行って
もらいましたが、辺り一帯がまさに「ウェイガオ・タウン」と
いっていいくらいの規模となっており、中国企業のスケールの
大きさにびっくりします。

最近の業績推移。

ウェイガオ業績推移.PNG


日本のテルモとの比較。

テルモ比較.PNG


この会社、上記に書いたように敷地はウェイガオタウンといっていいような
大規模な会社なんですが、売り上げ規模はまだ全然小さいということが
わかります。テルモの20分の1の売り上げ規模。
(というのも、現在香港市場に8199.HKとして上場している
この会社はウェイガオグループのほんの一部に過ぎないのだとか)

そういう面から言えば、伸び余地というところでは、
まだまだありそうです。

この会社の株価は、高いという認識を持っていたのですが、
こうやってテルモと並べてみると、目の玉が飛び出るほど高い、
というわけでもないのがわかります。
時価総額もまだテルモの3~4分の1であり、PERで見ても
倍ほども違わない。
現在の株価形成は割りと健全なのでは?とさえ思えてきます。


数週間前に書いた恒安国際が買えるとすると、
同じようなレベルで買えそうに見えます。
(ただし、単位株価が高く最低単位を買うのに120万円くらい
いるので、ちびちび買い増していく、という投資の仕方には
向かないかも・・)

売上高総利益率はテルモに軍配。
ウェイガオはまだもうちょっと上げられるのではないだろうかと
思います。

ここ3年の成長率では、圧倒的にウェイガオに軍配。

ここのところ中国政府も医療制度改革についに本腰入れて
乗り出してきましたので、ここも恩恵を受ける日が来ると
考えれば、まだまだ伸び余地も大きいわけなので、
買っていって報われそうに思いますがどうでしょうね。
[ 2009/12/13 20:57 ] 株式投資 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク