金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

より安全で着実な資産形成のために(3)

1.適度な分散投資を心がける
2.よいものを買う(よいものしか買わない)
3.よいとわかったものしか買わない
4.安く買う(高いとき、買わない)
5.一気に資産を増やそうと欲をかかない

前回の続きです。

4.安く買う(高いとき、買わない)

 説明は要らないと思う。
 よいものも、高く買ってはリスクが大きくなるし、
 利回りも悪くなる。

 高く買ったがゆえに、途中の安値に心理的に耐えられなくなり
 安値投げの原因にもなる。

 相場上昇のときにあわててついていかないこと。
 買えなければ買えないでよい、いずれまた買えるときが来る、と
 心に余裕を持つこと。
 祭りに踊る人たちから、一線を画すこと。

5.一気に資産を増やそうと欲をかかない

 リーマンショック後の戻りの年であるとか、たまに1年に
 資産が2倍にも3倍にもなることもあるが、そんなのは稀であり、
 普段から毎年毎年、2倍3倍になる、ということは幻想である。

 しかし、世の中の情報にはあたかもそれが可能であるかのような
 あるいは自分はそれを達成したといわんばかりの情報が満ち
 溢れていて、投資家をそういう考え方に誘う。

 しかし、そういうのを狙っていると、いずれ足元を
 すくわれることにもなりかねない。

 例えば、上場企業は千も万もあるのだから、選べば年に
 2倍3倍になるような銘柄も100や200はあると思う。
 そういうのに毎年あたり、しかも集中投資していた場合は
 というようなことである。

 しかし、集中投資の危険性は、1.で見てきたとおりである。

 あるいは、度を越したレバレッジ投資なども。

 世界一の投資家バフェットですら、平均すれば
 年率20~30%なのである。
 逆にいうと、どんな凄腕トレーダーでも、バフェットほど資産を
 増やせた人は居なく、途中で破産したりしているということだ。

 われわれ凡人が、年率20~30%以上を狙うことは、
 何かしら無理が生じるのでやめたほうがよい、と思いませんか。


以上、5つ書いてきた。
簡単なことのように思うが、継続して、実践するとなると、
なかなか難しいことでもある。

相場が難しいと感じたり、投資が難しくて、資産が増えていかない、
というときはこの5か条から逸脱していないか、
思い出してみるといいと思います。
[ 2011/05/07 17:39 ] 随筆 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク