金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

アリババ(1688.HK)

B2B(企業対企業)インターネットビジネスの会社。
業態として近いのは楽天かと思うが、楽天は
B2C(企業対個人)、C2C(個人対個人)である
点が大きく違うところ。
(業態として楽天に近いのはアリババ傘下のタオバオ(未上場)だといわれる)

企業間取引(B2B)の仲介インターネットビジネスを
やっている民間企業というのは、アリババの他には
思いつかないニュービジネスである。
現状としては、個別企業が自社製品を企業向けに
ネット販売するとか、鉄鋼製品に特化したB2Bサイトとか
そういった部類はあると思うがアリババのような
どんな製品でも、どの国のでも扱いますよというのは
ないと思う。
(この辺、詳しい人いたら、教えてください)

直近業績推移。

アリババ業績推移.PNG

楽天との比較。

楽天との比較.PNG

売上げ規模は、まだ楽天の10分の1にすぎず、
400億円弱というのは話題性の割には、かなり
まだ小さい会社なんだということがわかる。
(楽天が意外にも売上多いんだな、というのには
驚いた)

売上高総利益率は両者とも高いが、基本的には仲介
ビジネスであり、何かを自社で仕入れるわけではないから、
原価というのは何を指すのかはよくわからないところがある。

なので、宣伝広告費や運営費を引いた後の営業利益率で
見るほうがビジネス実態を見るには妥当かと思うが、
アリババのほうが利益率が高く、よいビジネスと
いえるかもしれない。

地域別売上では楽天はほぼ100%国内のみなのに対し
アリババはワールドワイドだという点が大きく異なる。

International MarketPlaceは、中国域外向けのサイトで
China MarketPlaceは、中国域内向けのサイトのことだと
思う(ここもちょっと不確か・・。きちんと知ってる
人がいたら教えてください)が、国外向けのほうが
売上比率は高い。

 →これからの世界は、世界が中国にモノを買いに
  くるのでなく、世界が中国にモノを売りに来る
  時代になるわけだから、このあたりは本当は
  しっかりおさえていないといけない、と思う。

 →多分アリババは、そういった世界中から中国に
  モノを売りに来る場合の、世界の業者向けの
  中国市場へのポータル(入り口)の役割を
  果たすのだと理解しています。

この比較をやると何か見えてくるかな~と期待したが
製造業と違って、あまりよい情報は得られなかった
感じがします。

見るべきはこういうものよりこれからの
ビジネス環境や企業の勢いというもののような
気がしますね。
[ 2009/11/29 20:51 ] 株式投資 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク