金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

より安全で着実な資産形成のために(1)

いままで何度も書いてきているようなことですが、
まとめます。

1.適度な分散投資を心がける
2.よいものを買う(よいものしか買わない)
3.よいとわかったものしか買わない
4.安く買う(高いとき、買わない)
5.一気に資産を増やそうと欲をかかない

より安全で着実な資産形成をしようと考えるとき、
この5か条くらいが守れていればよいのではないだろうかと
思っています。

1.適度な分散投資

 今回の東京電力のように、これまで鉄板に思えていた銘柄でも
 こういうことは起こってしまう。
 また、株式投資する限り、いくら優良企業に投資していても、
 こういうことに巻き込まれる場合は避けようがないと思う。

 (電力会社に投資するなら、原発リスクくらい考えておけ、
  という話もあるが、そのような確率の低い?リスクまで考えていたら
  食品会社などもいつ品質問題でアウトになるかもわからず
  投資する先なんかなくなってしまうと思う)

 ではどうすればいいのか。

 1銘柄の保有量を資産全体の5%以内に抑える、等していれば
 全体に対する影響は軽微であり、取り戻せる損失の範囲内です。

 これくらいの分散がされていたら、平均の投資年利回りが
 20%なら、もし倒産や国有化されて紙屑になったとしても、
 全体の利回りが15%にダウンするだけ、ともいえます。

 平常時からそのような備えをしておく、体勢をとっておく、
 ということが大切で、何かあってからでは間に合わない。

 大きく資産が毀損してしまえば、人生設計そのものまで
 変わってしまう場合もある。


 (余談)

 今回の原発事故も、東電は4機全部を同じ高さに作るのでなく、
 2号機は1号機よりも5m高い位置に、3号機は2号機よりも
 5m高い位置に、と、段々畑のように作っていたら、

 被害は1号機だけ、あるいは1号機と2号機のみで済んでいたり、
 無事だった3号機・4号機の予備電源を回して、全機無事に
 運用できた、という結果だったかもしれませんよね。
 (現実にそのような設計ができるかどうかはわかりませんが
  例えばの話)

 起こってからでは何を言っても遅いですが。


 残りは次回にします。
[ 2011/04/23 10:49 ] 随筆 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク