金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

万科企業(200002.SZ) 2010/12月期

シンセン市場上場の大手デベロッパー。

不動産業の範疇だが、基本ビジネスは、土地を
仕入れて、開発して付加価値を付けて売る、
ということで製造業的に捉えています。

2010年の決算報告が出ていますので、バフェット分析表を更新しました。
(前回分はこちら(2008年度分))

万科2010.PNG

前年比、3.7%増収、36.7%増益(純利益ベース)

まずまずの成長ぶり。

バフェット分析表であるが、眺めてみると
きちんと財務諸表から数値をおこしているのであるが、
よくわからない数値の動きしてる部分もあり
理解できない部分もある。

シンセン市場上場の株式は、この企業は自社HPに決算報告書を
載せておりよいのだが、香港市場のものに比して情報開示に
欠けていたり、情報が集めにくいので、最近は少し
敬遠しようかと思っている。
(何も調べにくいもの買わなくても、香港市場にもよい企業は
今まで見てきたように沢山ある。といって買ったものを
問題もないのに売ろうとも思わないが)

前回レポート時(2010/2)より株価は48.8%上昇しているが
利回り的には、現在の値段でも十分買える利回りをしていて、
割高ではないと思われる。
[ 2011/04/19 21:04 ] 株式投資 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク