金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

テンイー(0322.HK)

引き続き持ち株点検。

康師傅(カンシーフ)ブランドで、
カップ麺、飲料(水など)の販売製造。台湾系。

即席麺、茶飲料で中国国内トップ。市場シェアは
それぞれ5割と4割を超える(販売量ベース、09/06)
(中国株四半期速報秋号より)

業績推移は以下のとおり。

テンイー業績.PNG

日本の日清食品HDとの比較。

日清食品比較.PNG

売上規模はすでに日清食品を抜いてきている状況。
ただし、日清食品がほぼ即席麺事業に集中しているのに
対して、即席麺と飲料事業がほぼ同じくらいのサイズなので
麺事業だけでは日清の半分くらいといえると思う。
日本と中国の人口比を考えれば余地は
大きいかもしれない。

また2009上半期決算によると、麺事業は42.9%、
飲料が51.9%になっており、飲料部門のほうが
伸びが大きいようです。

時価総額的には、すでに日清食品の3倍の規模に
なっている。
市場はすでに日清の3倍くらいの図体の会社になると
評価してるということでしょうか。

配当性向は3年平均で書いていますが、両者とも
年によってばらつきが大きい。

売上高総利益率では、日清に大きく軍配。
即席麺事業というのがここまで粗利が大きいとは
意外ですね。
テンイーはまだ業務効率化の余地がありそうにも
思います。

ここ3年の業績伸びはテンイーに軍配。

株をもってて安心感があり、何倍かにはなるような
気がしますが、ここから例えば10倍になるかと
いえばちょっと苦しいような気がしますがどうでしょうね。
(それでも十分だと思いますけど・・)
[ 2009/11/22 20:49 ] 株式投資 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク