金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

Cトリップ(CTRP.NQ)

米国ADRで上場している、中国のネット旅行代理店大手。
中国でトップシェア(ネット予約の旅行代理店カテゴリーでは
シェア5割強のようだ)。

業態としては、日本の楽天トラベルのようなものを想像すると
一番近い。
予約ウェブサイト→Cトリップ

日本からアクセスしても動きも軽く、使いやすそうだ。

バフェット分析表は、以下のとおり。

ctrp.PNG

  2010年の数値は、2/14に発表された速報値(6-K)に基づく。
  年次報告書(20-F)が出ていないので、青字部分はまだ得られないので
  暫定的にゼロで数値を埋めています。
  (EPSの数値は、ADR換算値。現在普通株1株=4ADRの比率)

2010年は前年比44%増収、59%増益(純利益ベース)

数値は、申し分なくすばらしい。

高く安定したROE、毎年安定して伸びる売り上げと収益と
なっている。

現在株価での利回りも十分に高い。
(あくまでも、最近5年間のような業績伸びが今後も続けばの話だが)

財務も負債比率は低く、安全なレベル。


ビジネス環境としては、

中国人の所得が伸びるとともに、団体旅行一辺倒だったのが個人旅行に
切り替わっていく流れの中で、ネット予約の旅行サイトビジネスは追い風。

このことを見越して、昨年からテンセントや百度といった
中国ネット大手が、ネット旅行会社を買収したりして、
ぞくぞく参入してきているところ。

それらとの戦いに今後も勝っていけるかどうか、
というところが今後の一番のキーポイントになるのだろう。

20104Q(10-12月)の業績は、3Qに比べて横ばいであった。
競争激化によるものか、他の要因(たとえば上海万博の終了)に
よるものかはよくわからない。
これを嫌気してか業績発表当日以降、株価がやや下落したところ。
[ 2011/02/19 10:40 ] 株式投資 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク