金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

我が道を行く

個人投資家で儲けが出ている人、というのは
やはり「我が道を行く」を貫いている人のほうが多い。
(「我が道を行く」から儲けが出ている、とは限らないが)

情報や雰囲気に踊らされるかどうか、というところが
投資においては大きなファクターになるからだと思う。

株価が下がってくると、何かあるのじゃないかといろんな人に
聞いたり、情報を集める。すると、何かしらは情報が出てきた
りする。

そうすると不安心理が増幅されて、あらぬところで売って
しまったりする。

あるいは、この銘柄は買いだ云々の話を人から聞く。
投資メルマガ記事を見ると推奨が出ていたりするのを
目にしたりする。
しばらく見ていると株価がスルスルと上がったりすると、
矢も盾もたまらず株を買ってしまったりする。
するとそこから、株価がズルズルと下げだす。

よくあることである。


「我が道を行く」の人は、きちんとしたマイルールを持っている。

何かしら情報に触れたり、人から話を聞いたり、あるいは株価
の上げ下げ、
業績の上がり下がりなどに接したとき、まずはマイルール(自
分なりの基準)に照らしあわせて、独自の判断をする。

みんなが売って、株価が下げているときに、それに反して
自分は買っていかなければ、
あるいは、みんなが買って、株価があげているときに
あっさりと売ってしまわなければ、株式投資で儲け続けること
は難しい。

実際に株を買ったり売ったり(実際に注文をクリックする)時
に、上記のような行動を起こせるかどうかというのは、結局は、
最後は「我が道を行く」なのだ、ということを決心しておかな
ければ難しい、と心得る必要がある。
(そういう行動は、周りからは、一時的にアホじゃバカじゃと
言われることもあると思う。
外れれば、ほれ言わんこっちゃないと言われるかもしれない。
バフェットですら今でもそういうことを言われていることも
チラホラ目にする。)

といって、何でもかんでも、人の逆をやればいいのかというと
そうでもないこともまた、混乱させるもとではあるのだが。。
(そこは結局「マイルール」の精度の問題であり、
人との比較でなく、「マイルール」を修正していくことだ、と
悟る必要がある)


もちろん
投資の上手な人、というのはいらっしゃるので、そういう人に
コバンザメするのも、ありえる戦略ではある。
まあそれはそれで、難しい面もあると思いますが。
(常に手取り足取りハシの上げ下ろしまで
 指示してもらわないと成功しないと思いますので。。)
[ 2011/02/05 13:49 ] 随筆 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク