金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

長期投資=永遠保有?

長期投資といっても、どれくらいの期間、株式を持ち続けるのか。
それは一生涯ずっと持ち続ける、ということなのか。

というのは一つのテーマだと思う。

保有をやめるのは、企業の成長の伸び代がなくなり、
成長が止まる状況になったとき。
 (例:日本のマーケット限定のビジネス)

または、自分の見込み違いに気付いたとき。
 (例:成長企業ではなくて、
    一発屋だったとき、景気変動株だったときなど)


くらいが一つの区切りだと思うが、

一昔前は、企業の寿命は30年といわれていたが、近年の
経営スピード、世の中の変化は10年くらい、あるいは数年で
ビジネスが燃え尽きてしまうスピードになっている。

なので長期投資といえども、一生涯の銘柄にめぐり合えたら
それはとても幸運なことで、多くは数年程度で、乗車した
列車から降りることもよくあることになってきている、と思う。
(そうした中でも、できるだけ長期に、安定して保有を
続けることができそうな先を求めてゆくことにはなると思うが)
[ 2010/12/11 12:09 ] 随筆 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク