金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

成長株投資の基本はバイアンドホールド

こまめに売ったり買ったりして回していくなら、為替や日本株などの、
ある一定の範囲で上がったり下がったりを繰り返している対象のほうが
都合がよい。

つまり、ある一定の範囲しか動かないなら、下がってきたら買い、
上がったら売る。待っていればいずれまた下がってくる、と確信を
持って売ることが出来る。

しかし成長株の場合は、上がったら売り、のあと、必ず下がるとは
言えない。売ったらその後さらに上がり続け、二度と安値をつけない
場合もあり、安い値段で買い戻せるとは限らない。ここが、繰り返し
取っていくような投資方法にそぐわない。

売った後を買い戻せず、どんどん上げていかれると、
人間不思議なもので焦りの気持ちが生まれ、ついつい
高値に手を出す。そしてそういうときに限って急落が
きたりする。

成長株で売り買いを繰り返して、思ったより儲けられない人の
行動パターンは大体上記のようなものだと思う。

売った後を、さらにどんどん上がっていっても、気持ちを動かさず、
他の投資対象を探すとか、粘り強く次の急落を待つことができる
人間でないのならば、基本的に売らずに持ち続けるほうが、
よく儲かる理由だ。
(もちろんそれはそれで、急落にもお付き合いすることになるので、
思ったより下げたとき、あーあのとき売っときゃ良かった、て
気分とも折り合いをつける難しさはあるけれど)

投資している対象に沿った方法を取ることが
大切なんだろうと思う。
[ 2010/12/05 10:30 ] 随筆 | TB(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク