金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!
月別アーカイブ  [ 2013年10月 ] 

せいぜい20%。

企業の成長するスピードは、大雑把にいえばROEに比例するが
(正確にいうとROE-配当性向)、高成長の企業でも、
大体ROEは20~30%もあれば多いほうである。

ということは、企業は、普通どんなに高成長でも年率20%程度でしか
成長していかない。

ということは、株を買っている我々の資産も、せいぜい年率20%程度で
成長していくのが限界、と考えるのが、妥当である。
(もしもよい銘柄だけを選ぶことができたとして、ということであるが)

そんなことであるので、株式投資をしている場合、
長い目で見れば年率せいぜい20%程度の成績を目指すのがせいぜいで、
それ以上を目指すのは、強欲設定としかいえないだろう。

もちろん、リーマンショック翌年の、超割安状態で買い、そこからの
回復を取る、みたいなことで単年で見ればもっと大きな利益を得ることも
可能かもしれない。
ただし、その成績を継続的に、5年~10年と続けていくことができる、
と思うのは単なる幻想であることは、ちょっと考えればすぐわかることでは
ないだろうか。

結局、押しなべてみて、平均して年率20%。ここくらいが限界であると
思ったほうが、健全な考え方だと思う。

もちろん、毎年年率20%を30年も連続して続けることができれば
バフェット氏くらいの資産になってしまうわけであるから、
それですら、非常に高すぎるくらいの目標であることも、
わかっておかなければならない。


そういうことを言うと、年配の方からは「我々は先が長くないので・・」
(早く儲ける方法が必要だ、との意味?あるいは、年金もあるので
そんな現実的な(夢のない)投資は目指していない?のように聞こえる)との
言葉を受けることが多いが、先が長かろうが、短かろうが、
相場・投資の難しさは変わらない。

身の丈をわきまえない、一足飛びの方法などないとあきらめて、
こつこつとした運用で増やしていくことを考えるしか、残念ながらない、
というように思う。
(とはいうものの、年率20%を3年続けることができれば複利も
考えると、大体資産は倍近くまでなるわけだから、それでも十分満足すべき
結果となるのではないかと思うのだが・・)


また、だからこそ、投資はできるだけ、人生の早い段階からはじめるべきだし、
寄り道しないでこつこつ増やすことだけを考えるのが、
早ければ早いほど、よいといえるだろう。
[ 2013/10/26 20:56 ] 随筆 | TB(0) | Comment(2)
プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク