金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

より安全で着実な資産形成のために(2)

1.適度な分散投資を心がける
2.よいものを買う(よいものしか買わない)
3.よいとわかったものしか買わない
4.安く買う(高いとき、買わない)
5.一気に資産を増やそうと欲をかかない

前回の続きです。

2.よいものを買う(よいものしか買わない)

 株式を買うとき、
 安ければ何でもいいのかというと、そうではなくて、
 よいものを買わないと、資産は増えていかない。
 (逆に減るリスクが高い。この点に関して甘く考えていて
  過去何度も痛い目にあってきました。
  単に"安い"だけではダメです。)

 よいものとは何か?ということであるが、(上記の裏返しになるが)
 資産を増やしてくれるもの、ということができる。

 これでは禅問答なので、

 荒っぽく言えば、
 会社の株を買う場合、継続して利益が伸びており、今後も
 伸びていくと考えられるものということになる。

 その条件はどのようなものかというような話は
 バフェット本を読めば、書いてあります。

 株式投資における、儲けの源泉は何なのか?ということに
 ついて理解しておく必要があるだろう。


3.よいとわかったものしか買わない

 一見よさそうに見えるが、よいかもしれないし、悪いかもしれない、
 というようなあやふやなものは買わない。

 すでにここまでよい結果を出してきており今後もよいのが
 ほぼはっきりしている、あるいはFACT OF LIFEに基づくものだけを
 買う。

 例えば
 原発事故以来、次世代クリーンエネルギー関係のビジネスに
 変化が見られて、太陽光や風力、メタンハイドレートなどが
 有望そうに一見、思われたりもするが、
 そんなのは帰趨がどうなるのかは、後になって見なければ
 わからないだろう。

 一方、人間社会が終わらない限り、毎年子供は生まれ、
 紙おむつはどんどん消費されていくだろう。(FACT OF LIFE)

 株式投資によって安定的に資産を増やそうと考えるとき、
 どちらに関連する企業の株を買うのか?ということ。

 また、よさそうかもしれないが、上場したてで、財務データも
 数年分も得られず、数字の裏が取れないものには投資しない、
 というのもそう。


 残りは次回にします。
[ 2011/04/29 09:51 ] 随筆 | TB(1) | Comment(0)
プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク