金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!
月別アーカイブ  [ 2010年11月 ] 

自己運用資産の評価方法について

投資家の運用資産として
「含み損益」を加味して総資産を考えるか、あるいは含み損益は
無視するか、ということは、簡単なようでいて結構心理的に
与える影響の大きな、考えておかないといけない事項だと思う。

たいていの場合は、含み損益を込みで、資産の変動を捉える
人が多いと思う。僕も昔はそうしていた。

この資産管理方法のデメリットの最大のものは、取らぬ狸の
皮算用で、市場株価があがれば資産が増えたような気になり
嬉しく感じたり、有頂天になったりする、逆に市場株価が下がったら
資産が減ったように感じて落ち込んだり、気持ちが苦しくなったり
する点にあると思う。

つまり、心理的にどうしても相場の上げ下げに感情が
支配されてしまう傾向になりがちだ。

そういう捉え方でなく、
今まで積み上げてきた、実現利益がどれくらいあるのか、
あるいはこれから保有する資産が稼ぎ出してくれるはずの
利益がどれくらいになってるのか、そういう考え方で捉えていく
ほうが、(投機でなく投資的に)冷静に判断できるように思う。
(この考え方だと、市場が上がるよりも下がったほうが、
たくさん株数(金のなる木)が買えるので、ウェルカムな
気分になれる)

上記は、「長期投資」に限った話であり、つまりは
「損きり」を前提とする投機的な方法の場合は適用できない
考え方だとは思いますが。

また、投資とはどうやって儲けるの?の部分で、
市場の他の参加者のポケットからお金を奪う(上がりそうなら買い、
下がりそうなら売り)のではなく、持ってる資産が稼いでくれる、
ということを中心に考える、という人でないと、こういう考え方には
なりにくいかもしれないが。
[ 2010/11/28 10:05 ] 随筆 | TB(0) | Comment(0)
プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク