金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

オススメ書籍コーナーについて

moneytree7が思う、投資に本当に役に立つと思われる書籍のみを厳選して紹介するコーナーです。
[ 2001/12/31 11:23 ] オススメ書籍 | TB(0) | Comment(0)

ピーターリンチの株で勝つ~アマの知恵でプロを出し抜け~



伝説のマゼランファンドのファンドマネージャー、ピーターリンチの代表作。

株式投資で儲けるために、プロ(機関投資家)と同じことをする必要はなく
アマチュアの得られる情報、やり方で十分儲けられる。

相場がどうなるかを予想するのはいい方法ではなく、株式を買う企業の
タイプを見極め、株式が上がっていくストーリーが大事との視点に立つ。

株式を以下の6タイプに分け、それぞれについて、どのようなことに気をつけ
どのようなストーリーを描けば(どのような条件が揃えば)「株で勝つ」ことが
できるのかを、自身のファンド運用での株式購入の経験から解説している。
(重要なことは、投資にあたってどのタイプのストーリーに賭けているのかを
間違わないことである。業績回復株に賭ける場合と、資産株に対する投資とを
混同してはならない。確認すべきところが違う。)

■6つの株式のタイプ
(1)低成長株
(2)優良株
(3)急成長株
(4)市況関連株
(5)業績回復株
(6)資産株

解説のすべてが実際の、氏の投資での失敗例と成功例が取り上げられており
大変参考になるものとなっている。

投資初心者には少し理解は難しい内容かもしれない。
ある程度、株式投資を経験し失敗も乗り越えてきた投資家なら
「ああ、なるほど」と実感を持って読むことができ、理解と
自身の投資行動に取り入れることができるであろう。

#なお、moneytree7の当ブログの投資方針は、2014現在時点、
上記6タイプのうち(2)または(3)のみを対象としている。
(バフェット投資法はそれに向く)
他のタイプの投資((4)~(6))でも、ピーターリンチが当書籍で
書いているように"テンバガー(10倍株)"投資が可能とは思われるが、
投資難易度は(2)(3)に比べてかなり高い(うまくやらないと失敗しやすい)。と思っている。

中級向け

<ジャンル:中長期投資・株式投資全般>
[ 2001/01/11 12:22 ] オススメ書籍 | TB(0) | Comment(0)

バフェットの財務諸表を読む力




バフェット式の優良投資先企業の探し方。

長期株式投資において、永続的競争優位性を持つ(言い換えると
「長期的に稼ぎ、成長し続けることができる」)会社に投資する、
ということは非常に重要である(死命を決する)が、

永続的競争優位性を持つ企業はどのような財務諸表(損益計算書/
貸借対照表/キャッシュフロー計算書)になっており、

永続的競争優位性を持たない企業はどのような
財務諸表になっているのか?を精緻に解説している。
(各項目ごとに、ココを見る!というような解説)


対象読者としては、

バランスシートはこんな要素から成り、各々こんな意味、
損益計算書は、キャッシュフロー計算書は、くらい程度の
知識※でも読める程度に平易に解説してある。

 ※)楽天ブログ版「金のなる木を投資で増やそう」の
   フリーページ「株式投資の基礎知識(基礎編)」の内容程度が
   わかってれば十分だと思います。
   (簿記3級・2級くらいの知識があったほうが
    よいのはもちろんよいが。)

一般の財務会計・財務分析の知識では得られない、
真の投資家的観点での財務諸表の読み方をこれから
身につけたい人には最適な一冊。


今までさまざまのバフェット本を読み、また
企業の決算書をそれなりの量、読んできましたが、

この本には財務諸表のどこをどう見たらよいのかが、
あらためてきちんと整理されており、
moneytree7もこの本を読んで、新たな再発見
(なるほどね~!とひざ打ち)をたくさんしました。


中級向け

<ジャンル:長期投資・成長株投資>
[ 2001/01/10 08:43 ] オススメ書籍 | TB(0) | Comment(0)

バフェットからの手紙




バフェットが経営するバークシャーハサウェイ社の年次報告書の
バフェット会長からのレター部分を、著者がまとめなおした大作。

おそらく、バフェットが語る、、という部分で一番彼の考え方を
ピュアに知ることができる本。
(世の中に、彼自身が書いた本はなく、すべてが他の人が彼の
考え方を紹介しているような本しかない。
なので、なんらかの脚色・誇張・ウソが含まれており、それらの
要素が最も少ないのがこの本のはず)

内容は、やや難解である。理解するには財務会計に関するある
一定程度以上の知識を要求される。上級者向き。

ただ、内容自体は大変クリアーなロジックであり、彼の投資や経営に
対する、真摯で誠実な人柄がにじみ出ている。
(企業が自社株を買い戻すことの意味、企業買収の意味、増資の意味、
、、等々、企業経営上の重要な判断についてそれが株式投資家に
与える意味について、経営者がどういう心理でそのような
行動に出るのか、、等々が、語られる)

すべての、投資家・経営者に向けて、一度ならず何度でも読んで
みるべき価値がある本ではないかと思われる。

上級向け

<ジャンル:長期投資・バリュー投資>
[ 2001/01/09 16:58 ] オススメ書籍 | TB(0) | Comment(0)

麗しのバフェット銘柄




「バフェットの銘柄選択術」の前に書かれた本。
バフェットの銘柄選択術がHow-Toに注力されているのに対して、
そのHow-Toがなぜなのか?のほうに力点が置かれて書かれている。

バフェットが投資してきた銘柄が多数登場し、なぜ彼が
それを買ったのか、買い増ししたのか、が紹介される中で
バフェット投資とは何かを知っていく本。

なので、「バフェットの銘柄選択術」より先にこちらの本を
読んだほうがよいかもしれない。

初・中級向け

<ジャンル:長期投資・バリュー投資>
[ 2001/01/08 16:56 ] オススメ書籍 | TB(0) | Comment(0)
プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク