金のなる木を投資で増やそう

投資を通じて「金のなる木」を増やしていこう!

ニトリ(9843.T) 2017/2月期

お値段以上、ニトリ♪でおなじみの家具SPA。
会社の説明は不要。

2017/2月期の決算報告が出ていますので、バフェット分析表を更新しました。
(前回掲載分は、こちら



前年比、11.8%増収、27.7%増益(純利益ベース)。

売上・利益とも、右肩上がりを継続。
ROEは15%程度であり○。
配当は毎年増配を継続中。

前回掲載時点より、株価は21.4%上昇(12530→15220円)し、

現在時点での擬似債券利回りは9.22%、
EPS成長率利回りは9.94%と、
やや上昇。株価上昇以上に業績が伸びたということ。

負債比率は年々低下してきており、超優良の部類に。

安心して保有できる銘柄であり、持ち株は引き続きホールドで問題ない。

ランキング参加中。応援クリックよろしくお願いします!ポチっとお願いします
[ 2017/07/08 10:42 ] 未分類 | TB(0) | Comment(0)

会計粉飾について

オリンパスだけでなく、エンロン・ワールドコム、
中国企業の過去事例など会計情報の粉飾の事例には
事欠かない。

株式の価値を、財務情報から割り出す手法を
とっている株式投資家にとっては、つらいところ。

これについての対処法は今のところ以下の2つの
観点かなと思っている。

①リスク要因の一つとして受け入れる。

避けられない事故はあると思う。
地震津波発生→福島原発問題の東電などと同じように
リスクの一つとして差し引いて考えておく

いくつか買ったうち一つや二つはこういうのが
あるとあきらめておくということ。

つまり投資先はある程度分散する必要がある。
集中投資などして、運悪くこのようなケースに引っかかると
立ち上がれないほどのダメージを受ける。そういうやり方は
避けることだ。

②できるだけ、避ける。

会計操作が発覚した企業は、過去数年のうちに
会計監査法人を変更しているケースが多い。

そのような企業を投資先より除外する。
もしも保持中の会社が会計監査法人の変更を唐突に
行ったら、いったんは売ってしまう、などの
ことで、そこそこ避けられるのではないだろうか。


あとは、これはこのことに限らず、本業重視で借金をせず、
堅実な経営をしていて業績が安定している企業を選んでおく
という基本を守るというところだろう。
[ 2011/11/13 21:42 ] 未分類 | TB(0) | Comment(0)

阜豊集団(0546.HK) 2010/12月期

中国・うまみ調味料(グルタミン酸:味の素みたいなもの)メーカー。

2010の決算報告が出ていますので、バフェット分析表を更新しました。
(前回分は、こちら

阜豊集団2010.PNG

前年比、38.5%増収、4%増益(純利益ベース)

売上は伸びたが、純利益の伸びは、前年が爆発的に
伸びていたのが鈍化。

ROEは引き続き高く、良いビジネスを続けている。

ただ
過去5年から推計される今後の予想利回りは低くなく
良さそうにも思うが、2008→2009の業績伸びによる貢献分が
大きく、少し様子を見たい感じもする。
[ 2011/05/20 04:25 ] 未分類 | TB(0) | Comment(0)

株式投資はギャンブルか?

ギャンブルにするのも、資産運用の一環にするのも、
投資家の考え方・行動次第による。と思う。

荒っぽすぎるかもしれないがシンプルに考えると、

短期指向になればなるほど、ギャンブルに近くなり、
長期指向になればなるほど、資産運用に近くなる。

また、
集中投資指向になればなるほど、ギャンブルに近くなり、
分散投資指向になればなるほど、資産運用に近くなる。

と考えています。

ギャンブルとは何か、資産運用とは何か、という
ことだが。

ギャンブル・・リスクが高く、リスクを楽しむ。
       いっときのもの。

資産運用・・・堅実に長い時間をかけてお金持ちに
       なるステップ。

ではないか。

もちろん、世の中絶対100%儲かる、
なんてことはない。
だから、運用的なことでも、どんなことでも
リスクがあり、ギャンブル的な側面を持ちます。

ただ
資産運用を目指す人は、できるだけギャンブル的
側面をそぎ取っていく必要があるのでは?と思う。

ギャンブル的要素を排除する方法には、
分散投資をして突発リスクを減らす、
時間を味方につける、などがあると思う。

時間を味方につけるとは。。

株式投資が、資産運用としての意味を持つのは、
例えば、サラリーマンなら会社に勤めてる限り、
毎月必ずお給料がもらえる。
これは、勝率100%のゲームと言っていいと思うが、

よく稼ぐ会社に投資して、その会社が働いてがんばって
稼いだ分け前の一部をもらう、もらい続ける、というのが
それにあたる、と思う。

決して、株式市場で売ったり買ったりで、他の参加者の
ポケットからお金を奪うゲームに参加することでは
ないはずでしょう。
(そっちはゼロサムゲームで、ギャンブルだと思う。)
[ 2010/08/10 22:49 ] 未分類 | TB(0) | Comment(0)
プロフィール

moneytree7

Author:moneytree7
株式投資暦16年。
2000年に日本株(日本企業)への投資を開始。

紆余曲折を経て、現在は日本株・為替FX・中国株・米国株・シンガポール株への投資を行っております。
基本的に、長期投資・バリュー投資派。
(といいながらシステムトレードにも手を出しています。(^^;)

AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保有。
米国公認会計士(USCPA)の学習済み。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク